抗がん剤の副作用を抑える安心のケア方法|深刻ながんと決別しよう

診察室

主な症状を把握

抗がん剤の副作用には様々な種類があるので、それぞれの特徴を知り、それにあったケアをしておくことが大切です。特に免疫力の低下は気をつけておきたいポイントであるといえます。

聴診器

がんの種類に合わせてケア

がんには色んな種類があり、それぞれ適した抗がん剤は異なります。副作用の具体的な症状を知り、和らげるための対策について考えておくことが重要になってくるといえるでしょう。

治療方法を見直す

相談

がんの治療には抗がん剤を用いた方法が取り入れられますが、副作用による影響を受けやすいといわれています。それがストレスになり、毎日の生活を送ることが嫌になってしまうでしょう。がん治療への意欲を高めるためにも、治療を見直すことも大切であるといえます。また、抗がん剤の副作用による負担を減らす方法として、遺伝子治療が挙げられます。がん細胞を減らす効果を持っており、他の細胞を傷つけてしまうこともありません。なお、特殊な治療方法であるため、遺伝子治療の知識や技術をしっかり持っている病院探しが肝心になってきます。入念な相談が大切なので、通いやすい病院であるかも重視しておきたいところです。遺伝子治療を体験した人の声をチェックすることで、選び方のポイントを知ることができるでしょう。

抗がん剤による副作用を抑えるために遺伝子治療は注目されていますが、効果をしっかり発揮するには、がんをいち早く見つけておくことが重要になってきます。がんのサイズが大きくなっている場合は切除手術が効果的という場合もあります。進行するに連れて抗がん剤の必要性は高まってしまうので、それまでに病院を変えるか、主治医と治療方法について見直しの相談をしておいた方が良いかもしれません。自分にあった副作用の少ないがん治療を見つけることで、克服するための意欲を高められるでしょう。遺伝子治療の他にも副作用が少ない方法はあるので、それらも視野に入れてみるのも良いかもしれません。

医者

医師との相談が大切

がんを克服するためにも、医師と入念に相談を重ねることが大切です。抗がん剤が影響して起こる副作用が心配という場合は、いま続けている治療方法を見直すという選択も大切といえます。