抗がん剤の副作用を抑える安心のケア方法|深刻ながんと決別しよう

主な症状を把握

診察室

抗がん剤による副作用には様々な種類があるので、これらの症状が見られるようになったら早めに医師に相談をしておくことが大切であるといえます。特に見られるのが吐き気や嘔吐であり、胃の粘膜が抗がん剤によって傷つけている状態である場合がほとんどとなっています。病院では制吐剤を処方してくれるところもあるので、副作用の負担を抑えたいという場合に服用した方が良いでしょう。なお、抗がん剤に元々制吐作用のある成分を配合したタイプもあるので、それらを選ぶことで副作用を未然に防いでおくことができます。他にも脱毛が多いといわれており、髪の量が少なくなってしまいます。服用する必要がなくなったら2~3ヶ月で回復が見込められますが、それまでは帽子やウィッグなどでカバーしておくことが必要でしょう。

特に注意しておきたい抗がん剤の副作用といったら免疫力の低下です。白血球や血小板が減少し、身体の抵抗力は弱まってしまいます。感染症による影響で命を落としてしまうケースもあるため注意しておきたいところでしょう。そうなれば、入院の必要性も現れるので、抗がん剤を飲むという場合は医師との入念な相談が肝心になってきます。症状によって最適な抗がん剤や量は変わってくるため、自分にあったプランを選んでおくことで、副作用によるストレスを緩和することができるでしょう。また、実際にがん治療を体験した人の例を元に対策方法について考えてみるのも大切といえます。