抗がん剤の副作用を抑える安心のケア方法|深刻ながんと決別しよう

がんの種類に合わせてケア

聴診器

がんが現れる部位は様々であり、それぞれ適した抗がん剤も決まってきます。女性に多いがんとして挙げられるのは乳がんであり、シクロホスファミドといった抗がん剤を主に用いてがん細胞の増殖を抑えていきます。副作用は主に吐き気や発熱が挙げられ、膀胱炎や脱毛といった病気にかかりやすくなってしまいます。生理が止まってしまうケースもあるので、ホルモンバランスへの影響も懸念されるでしょう。骨髄抑制の症状も継続的な抗がん剤の投与によって起こりやすくなるため、投与の量や治療期間については医師から事前にしっかり説明を聞いておくことが肝心です。

日本人に多いといわれるがんといったら大腸がんです。治療を受ける人が多いということで、抗がん剤の種類は増えつつあります。主に用いられるのがフルオロウラシルであり、がんの広がりを抑える効果を持っています。大腸以外のがんにも対応しており、今後も注目される抗がん剤といえるでしょう。なお、注意しておきたい副作用といったら脱水症状です。身体の水分が足りない状況になっているので、フルオロウラシルを用いてがん治療を進めるなら、こまめに水分を補っておく必要があります。他にも出血性腸炎や下痢といった腸の調子に関連する症状が起こってしまいます。不安という場合は遺伝子治療など抗がん剤の副作用を抑えた方法もあるので、がんの状態に合わせて選んでおくことが大切です。上手く取り入れることで副作用による悩みを軽減することができるでしょう。